ドイツ SAP と米国 SAS Institute は、インメモリデータ分析機能に関する戦略的提携を発表した。

SAP と SAS は、「SAP HANA」プラットフォームと SAS のアナリティクスを活用した、技術と製品ロードマップを共同で構築していく。インメモリ HANA プラットフォームに SAS のアプリケーションを組み込み、SAS のアドバンスド アナリティクス アルゴリズムを SAP HANA で実行することで、組織の意思決定者は、リアルタイムのデータ分析がもたらす価値を享受できるようになるとのことだ。

SAS と SAP の提携により、統合されたプラットフォームでデータの移動、重複、調整などの作業を削減、またインメモリ上での超並列分散処理が可能になり、従来は不可能だった新たなビッグデータソリューションが提供できるという。

SAS と SAP は、SAP HANA での SAS アプリケーションの実行を検証するため、特定の、両社共通の顧客を対象に、共同販売のパイロットプログラムを実施する予定。

このプログラムは、2014年を通じ、特に金融/通信/小売/消費財/製造などの業界に向け、両社共同のテクノロジーを構築したうえで、その優先順位を決定することを目指す。開発されるアプリケーションは、高い付加価値をもたらすようデザインされたインメモリプラットフォームと、その上で実行されるアドバンスドアナリティクスの、どちらも必要な業務分野に向けたものとなる予定。

具体的には、カスタマーインテリジェンス、リスク管理、アセット管理、およびマネーロンダリング防止をはじめとする業務が挙げられる。