ジュピターテレコムは、KDDI の Android 4.0 搭載セットトップボックス「Smart TV Box」を活用したスマートテレビサービスの提供を11月より開始する。関西/九州/山口エリアから先行スタートし、今後順次提供エリアを拡大する予定。

Smart TV Box は、地上デジタル、BS デジタル、ケーブルテレビ放送の視聴をはじめ、「au スマートパス」「ビデオパス」「うたパス」などの au アプリを TV 画面と連動させて利用できるセットトップボックス。Wi-Fi アクセスポイントを搭載し、スマートフォンやタブレットとも連携できる。

同社はスマートテレビサービスの第1弾として、Smart TV Box が利用できる「スマートお得プラン EX」と、Smart TV Box とタブレット端末をセットでレンタルする「スマートお得プラン EX with タブレット」の2サービスを提供。各プランには、TV、インターネット、固定電話が利用できる「J:COM PHONE プラス」と「J:COM TV スタンダード+NET 100M コース」が含まれる。

J:COM のスマートテレビサービス、関西/九州/山口エリアで11月提供--KDDI の「Smart TV Box」活用
(左)「Smart TV Box」(提供元:KDDI)/(右)「ソニー Xperia Tablet Z SGP311JK/B<Smart TV Box 仕様>」

また、Smart TV Box に接続できるバッファロー製外付けハードディスクドライブ(HDD)の販売も開始。HDD に録画した映像をタブレットなどにダビングして、外出先で視聴することもできるという。