ウェザーニューズは、「オリオン座流星群」が観測ピークを迎える今夜(10月21日)の最新の天気傾向を発表した。西日本の太平洋側は、絶好の観測チャンスだとしている。

◆オリオン座流星群とは?


オリオン座流星群は、毎年10月から11月の間に東の空で見られる流星群。今年の出現のピークは10月21日19時頃とされており、ピーク時には1時間に15個程度の流星が見られることがある。

「オリオン座流星群」、今夜(10月21日)観測ピーク!―ウェザーニューズ、最新の天気傾向を発表
オリオン座流星群放射点(出典:ウェザーニューズ)

◆10月21日の天気は?

オリオン座流星群観測可能地域(出典:ウェザーニューズ)
オリオン座流星群観測可能地域(出典:ウェザーニューズ)
*クリックしてウェザーニューズの「流星見えるかなマップ」に移動

「オリオン座流星群」がピークとなる10月21日は、北日本や山陰地方は低気圧や湿った空気の影響が残るため雲が多く、流星観測は難しい予想。

東日本や沖縄でも雲が広がりやすくなるため、雲の隙間を狙っての流星観測となりそう。

一方で、東海から西の太平洋側は、大陸からのカラッとした空気に覆われて雲が少なく、流星観測には好条件が予想される。

なお、今回公表された情報は、10月21日10時時点での予報をもとした見解となっている。最新の天気は同社の PC 向けサイト、およびスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」で確認されたい。

◆本日22時より「SOLiVE24」で「オリオン座流星群」を全国7か所から生中継

同社の運営する24時間ライブ番組「SOLiVE24」では、10月21日夜22時より、全国各地から流星の様子をリアルタイムで中継する特別番組を放送する。中継は、流星の観測が期待される全国7か所を予定。今回は、ワテックの協力により、過去の中継よりも高画質の流星動画が視聴できるそうだ。