Business

ビジネス

“未来基準の家”に一歩前進 -- セキスイハイム、スマートハウスの新シリーズ「スマート・パワーステーション」発売

 
積水化学工業 住宅カンパニーは、大容量の太陽光発電システム(PV)、コンサルティング型ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)『スマートハイム・ナビ』、定置型大容量リチウムイオン蓄電池『e-Pocket(イーポケット)』の3点の機能を向上させた「スマート・パワーステーション」シリーズを、10月26日に発売する。

“未来基準の家”に一歩前進 -- セキスイハイム、スマートハウスの新シリーズ「スマート・パワーステーション」発売
「スマート・パワーステーション(ハイムシリーズ)」イメージ

PV による「創エネ」、スマートハイム・ナビによる「省エネ」、e-Pocket による「蓄エネ」のそれぞれを進化させた今回のシリーズ。PV は、新開発の PV 一体型屋根・ロング庇(ひさし)、3.5寸片流れ屋根(木質系住宅)により、30坪台の標準的な住宅規模でも PV10kW 以上の搭載が可能になった。

1万棟以上の住宅をネットワークでつなぎエネルギー需給を“見える化”している『スマートハイム・ナビ』は、全室空調「快適エアリー」を制御する機能が強化され、年間約1万7,500円の光熱費を削減可能に。また『e-Pocket』は、安全機構が改良され、現行モデルから約60%に小型化。蓄電システムの屋内設置により耐久性を向上させ、現行の保証期間10年が15年に延長された。

積水化学工業 住宅カンパニー プレジデント 高下貞二氏
積水化学工業 住宅カンパニー プレジデント 高下貞二氏

同シリーズの発売に際し、同社プレジデント 高下貞二氏は「『ソーラー住宅』という一つの大きな流れから、いよいよセカンドステージ『スマートハウス』に移行する。その次の段階『ゼロ・エネルギー住宅』に向けて、スマートハウスのリーディングカンパニーとして未来の扉を開けたい」と話した。

「今後、国家百年の計である『環境住宅・高性能住宅』の技術を、日本のみならず、アジア全体、そして世界へ羽ばたかせることを目指す」(高下氏)。

小型化された蓄電池、室内に設置できるようになった
小型化された蓄電池、室内に設置できるようになった

PV、スマートハイム・ナビ、e-Pocket の3点を備える同シリーズの販売価格は、ハイムシリーズ(鉄骨系住宅)が坪単価66万円台(蓄電池なしは59万円台)から、ツーユーホームシリーズ(木質系住宅)が坪単価69万円台(蓄電池なしは64万円台)から。同社では2014年度の販売目標を、ハイムシリーズは1,000棟、ツーユーホームシリーズは200棟としている。
【関連記事】
日立コンシューマエレクトロニクス、家庭用エネルギー管理システムの受注を開始
横浜市、HEMS 設置に補助金 -- 導入効果の検証へ
セキスイハイム、蓄電池情報の可視化など「スマートハイム・ナビ」の機能強化を発表
セキスイハイム、発電、節電、蓄電の組み合わせで電力利用を効率化するスマートハウスを発表
”クルマの燃料費もゼロ” -- 積水ハウスが東京モーターショーに初出展 究極のエナジーフリーを実現した住宅が登場

関連キーワード:
蓄電池
 

New Topics