スカイコムは10月16日、手書き書類などのペーパーレス化を推進するため、ワコムとの連携を発表した。ワコムは、電子サイン入力機器用液晶サインタブレットの最大手。

連携第一弾として、スカイコムのプラグインアプリケーションとワコムの液晶サインタブレットを組み合わせた手書き電子サイン連携ソリューションを、今秋リリースする予定。

スカイコムのプラグインアプリケーションを PC にインストールし、ワコムの液晶サインタブレットを USB 接続するだけで使用できるそうだ。

各種申請書、契約書、クレジットカード決済など、手書きのサインが必要な書類や帳票類はまだまだ多い。これらの多くは紙のままで、電子化は進んでいない。保存するための物理的なスペース、保存期間中の改ざん、紛失リスク、探す際の手間などが管理者の課題となっている。

スカイコムは、PDF ソフトウェア製品と認証印刷ソリューション、これらを統合したペーパーレス&セキュリティソリューション「SkyPAS」を核に「ペーパーレス」推進を提唱している。