ウェザーニューズは、「オリオン座流星群」が観測ピークを迎える10月21日夜の全国の天気傾向を発表した。21日は日本海側ほど高気圧に覆われて雲が少なく、流星を楽しめるとしている。

◆オリオン座流星群とは?

オリオン座流星群は、毎年10月から11月の間に東の空で見られる流星群。今年の出現のピークは10月21日で、極大予想時刻は19時とされている。当日は月齢が16とほぼ満月のため、観測では月を視界に入れないよう注意する必要がある。

◆10月21日の天気は?

 
10月21日は「オリオン座流星群」―ウェザーニューズ、全国の天気傾向を発表
オリオン座流星群観測可能地域
*クリックしてウェザーニューズの「流星見えるかなマップ」に移動

オリオン座流星群がピークを迎える21日は、太平洋側には南海上から暖かく湿った空気が流れ込む予想。このため、北〜西日本の太平洋側や南西諸島ほど雲が多く、流星の観測は雲の隙間からとなりそう。

一方、日本海にはカラッとした空気を連れてくる高気圧が移動してくるため、日本海側ほど雲が少なく、流星観測に好条件となりそう。だが、高気圧の中心の位置次第では、海から湿った空気が流れ込みやすくなり、日本海側でも雲が増える可能性がある。

また、雲が少ないほど放射冷却によって気温が下がり、夜は冷え込むので、観測には暖かい服装を用意する必要がある。

今回公表された情報は、10月11日時点での予報をもとした見解となっている。最新の天気は同社の PC 向けサイト、およびスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」で確認されたい。