ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイは、ファッションに特化した情報を提供する新サービス「WEAR(ウェア)」を発表。スマートフォン対応アプリと Web サイトの提供を10月31日より開始する。

新サービス「WEAR」は、“WEAR FOR CONNECTION”をテーマに、買い物やコーディネートをより楽しめる機能を提供する。「バーコードスキャン機能」では、WEAR のアプリを使ってスマートフォンから衣料品のバーコードを読み込むことで、商品情報や、その商品を使ったコーディネート画像などを表示。購入時の判断材料に活用できるとしている。

スタートトゥデイの新ファッションサービス「WEAR」、バーコードスキャン機能など提供
バーコードスキャンイメージ

このほか、著名人やショップスタッフ、一般ユーザーが投稿するコーディネートを様々な条件から探せる「コーディネートレシピ機能」や、自分のワードローブを管理できる「マイクローゼット機能」も提供する。

コーディネート検索やワードローブ管理も
コーディネート検索やワードローブ管理も

サービス開始時には、「UNITED ARROWS」「URBAN RESEARCH」「A BATHING APE」など約200ブランドが提携予定。今後もブランド数を拡大していくとのこと。