ヤフーは、オンライン通販サービス「Yahoo!ショッピング」およびオンライン オークション サービス「ヤフオク!」の各種手数料を無料化する方針「e コマース革命」を10月7日に発表したところ、両サービスへの新規出店希望が「爆増」したとしている。発表から1日で、出店希望数がそれ以前の数百倍に達したという。

e コマース革命とは、ヤフーが打ち出した e コマース事業における新戦略。具体的には、Yahoo! ショッピングのストア出店料(月額システム利用料)および売上ロイヤルティと、ヤフオク!のストア出店料(月額システム利用料)を無料化するという施策。2013年10月から適用を開始する。

ヤフーが新戦略を発表したところ、その後1日で出店希望者が急増。Yahoo! ショッピングに対しては、通常時の数百倍となる約1万件の希望があり、新たに受付を開始した「個人」の出店希望数が約1万6,000件にのぼった。ヤフオク! についても、通常比30倍の出店申込みがあった。

9月末時点のストア数は、Yahoo! ショッピングが約2万店舗、ヤフオク!が約1万6,000店舗。今後、ストア数は伸び続ける見込みだという。