ヤフーは、同社の e コマース事業における新戦略として、インターネット ショッピングサービス「Yahoo! ショッピング」のストア出店料(月額システム利用料)と売上ロイヤルティ、およびオークションサイト「ヤフオク!」のストア出店料(月額システム利用料)を無料化する方針を発表した。2013年10月から適用を開始する。

Web ショップ開業のチャンス?「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」のストア出店料が10月から無料
「Yahoo! ショッピング」のプロモーションページ

Yahoo! ショッピングにおいては、年内をめどに個人の出店も受け入れる予定。同社は、「これまで様々な理由で出店を躊躇していた店舗が新たに参加する可能性があり、Yahoo! ショッピング、ヤフオク! の商品数の拡大ならびに価格競争力の強化が期待できる」としている。

また、ストア出店料が無料になることで、期間限定の短期営業も可能となる。このため、出荷時期が限られる農作物や水産物などの第一次産業の産品や期間限定販売のイベントグッズといった、これまでになかった商品ジャンルの参入も見込めそうだ。

さらに、Yahoo! ショッピングからの外部リンクを解放。顧客囲い込みを通例としてきた EC モールとしては異例の施策となる。

一方、C2C 市場をけん引してきたヤフオク! については、これまで5,000円以上の入札に必要だった「Yahoo! プレミアム会員」(有料)への登録も条件から廃止する。費用負担なく高額商品への入札が可能になることで、売り場の活性化を狙うという。

「ヤフオク!」のプロモーションページ
「ヤフオク!」のプロモーションページ