富士ゼロックスは、CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関 J.D. パワー アジア・パシフィックが発表した「2013年日本 IT ソリューションプロバイダー顧客満足度調査 SM」の事務機メーカー系事業者セグメントにおいて、同社が2年連続で第1位になったと発表した。

「2013年日本 IT ソリューションプロバイダー顧客満足度調査 SM」は、全国の従業員規模50名以上の企業を対象に、情報システムの導入・構築事業者に対する満足度を明らかにするもの。総合的な顧客満足度に影響を与える6つのファクターのうち、同社は「導入・構築対応」「システム品質」「コスト」「営業対応」の4ファクターでトップスコアを得た。

同社は、J.D. パワー アジア・パシフィックが実施した「2013 日本カラーコピー機顧客満足度調査 SM」および「2013 カラープリンター顧客満足度調査 SM」においても第1位になっているという。

J.D. パワー アジア・パシフィックは、同調査を6月から7月にかけて郵送調査により実施。「事務機メーカー系事業者」のセグメントでは2,187件の回答を得ている。