サンコーは、水平方向220度のパノラマ映像を撮影できるドライブレコーダー「220度パノラマ映像ミラー型ドライブレコーダー」を発売した。2個のカメラを搭載し、自動合成することで広角映像を撮影する。直販価格は1万7,800円(税込)。

同製品を使えば、前方横側からの衝突や事故などの決定的瞬間を撮影できるという。

「決定的瞬間を逃さない」、220度パノラマ撮影できるドライブレコーダー
撮影したパノラマ映像のキャプチャ

車のルームミラーに取り付けて利用する。ミラーの角度が変わってもカメラの角度を調整できるので、ミラーの向きを適切にしつつベストな撮影が可能。また、モニターの大きさは4.3インチで、液晶をオフにすれば、通常のミラーとしても利用できるという。

撮影した映像は付属の AV ケーブルを使うと、液晶テレビなどの大画面で確認できる。

サイズは幅275×奥行き54×高さ 99mm。重さは 353g。カメラの解像度は120万画素。32GB までの microSDHC カードに対応。電力はシガーソケットから給電する。

昼間に撮影した動画