日本マイクロソフトは、「Windows 8.1」パッケージ製品の販売を10月18日から開始する。Windows 8.1 は、Windows 8 のアップデートとなる最新 OS。

Windows 8 ユーザーは10月18日より、Windows ストアから無償で Windows 8.1 にアップデートできるが、Windows 7 からのアップグレードや新規に Windows 8.1 をインストールする場合は、パッケージ製品が必要となる。

Windows 8 ユーザー向け Windows 8.1 無償アップデートは、ニュージーランド時間10月18日金曜日午前0時(日本時間10月17日木曜日午後8時)から、順次開始される。

また、Windows 8.1 パッケージ製品としては、以下の3つのエディションが販売される。

「Windows 8.1 Pro」(2万5,800円)と「Windows 8.1」(1万3,800円)には32ビット版 DVD-ROM と64ビット版 DVD-ROM が同梱される。Windows 8.1 から「Windows 8.1 Pro with Media Center」にアップグレードできる「Windows 8.1 Pro Pack」(1万2,800円)は「プロダクト キー」のみ同梱され、DVD メディアは同梱されない。価格はいずれも税別。

Windows 8.1 をインストールできるシステム要件は Windows 8 に準ずる。

「Windows 8.1」パッケージ、18日から販売
Windows 8.1 パッケージ画像