東京都は、多摩地域の様々な魅力を住民が再発見し、発信していく取り組み「多摩の魅力発信プロジェクト」を展開している。平成25年度が、多摩地域が神奈川県から東京府に移管されて120周年という節目の年にあたることを記念したもの。

東京都、「多摩の魅力発信プロジェクト」を展開--映像『多摩は「よかった」のたまてばこ』第2弾完成
東京都が展開する「多摩の魅力発信プロジェクト」

同プロジェクトの特設サイトでは、多摩の魅力を詰め込んだ映像『多摩は「よかった」のたまてばこ』を公開。「住みたくなる」「育てたくなる」「働きたくなる」「行ってみたくなる」の4つのテーマで、多摩地域の多彩な魅力を紹介している。

8月に制作した第1弾の映像「多摩に、住もう。」「多摩へ、行こう。(1)」に続き、第2弾「多摩で、育てよう。」「多摩で、働こう。」「多摩へ、行こう。(2)」が完成。各映像では、多摩地域に住む人たちや訪れる人たちの心象風景に合わせた様々な想いや心のつぶやきと、“絵はがき”のように美しい景色や賑わいのある街並みを重ね合わせているという。