情報処理推進機構(IPA)は、毎月の情報啓発活動として「2013年10月の呼びかけ」を公開。「インターネットサービス利用時の情報公開範囲の設定」について注意を喚起している。

テーマ選択の背景には、インターネットサービスにおける情報公開設定の確認が不十分だったことで相次いで発生した、公的機関の職員による機密情報の漏洩や、SNS 上での不適切な書き込み・画像の“炎上”といった事例がある。

SNS、Web サービスの利用者は情報公開範囲の再確認を--IPA が呼びかけ
「Google グループ」での主な情報漏えい事例(出典:IPA「2013年10月の呼びかけ」)

IPA は、これら一連の事例について「誰に対してどこまで自分の情報を公開するのかといった注意が薄らいでいる」と指摘した上で、同資料内で Google グループ、Facebook、Twitter などの主なインターネットサービスの公開範囲設定方法を紹介している。

「Google グループ」の設定画面
「Google グループ」の設定画面

また、デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真についても GPS で取得した位置情報(ジオタグ)が付加されるリスクがあり、画像データをインターネット上に公開する前には、ジオタグの有無を再度確認することを推奨している。

写真から撮影場所が特定された表示画面
写真から撮影場所が特定された表示画面