米国 Amazon.com は、年末のホリデーシーズンに向け、商品管理・配送などを行う米国内のフルフィルメントセンターで新たに7万人の臨時従業員を雇用すると発表した。2012年の同時期に対し40%の人員増加となる。

同社は9月に第3世代の Kindle Fire タブレット「Kindle Fire HDX」を発表しており、2013年は同商品も含め前年以上の受注増加を見込んでの施策としている。

臨時従業員の給与待遇については、フルフィルメントセンター正規従業員初任給の94%と高い水準で、医療費給付も含まれる。また、昨年のシーズン終了後には、数千人の臨時雇用者を正規従業員として採用しており、今年も同様の対応をする予定とのこと。

さらに、正規従業員には、希望の職種研修の受講料を最大95%まで Amazon.com が前納する「職業選択プログラム」といった支援制度も提供すると説明している。