凸版印刷と富士通エフアイピーは、10月1日から日本旅行グループの全国302店舗で一斉に販売が開始される「日本旅行ギフトカード」向けに、「ギフトカード ASP サービス」を提供する。

「日本旅行ギフトカード」は日本旅行で旅行購入の際に使用できるプリペイドカード。利用イメージにあわせて3種類の券面があり、1万円から50万円まで1,000円単位で自由な金額を入金できる。

凸版印刷と富士通エフアイピー、日本旅行へ「ギフトカード ASP サービス」を提供
「日本旅行ギフトカード」の3種類のイメージ

多様化する旅行のニーズに合わせ、「Precious AGE」や「たびーら」などの目的別のサイトを立ち上げていた日本旅行は、決済の手段も多様化させるため、今回のサービスを導入した。

今回のギフトカードに採用された「ギフトカード ASP サービス」は、凸版印刷と富士通 FIP が共同で開発した、ギフトカードの残高管理を行うリアルタイムプロセッシングサービス。凸版印刷と富士通が連携することで、ギフトカード事業導入に関するビジネスサポートやギフトカードの製造/発行、プロモーションサポートまでワンストップで行いつつ、簡易端末での導入で初期導入コストを大幅に抑えている。今後は Web やオンラインでの申し込み時にも決済手段として使えるよう対応していくという。