UQ コミュニケーションズは、高速モバイルブロードンバンドサービス「WiMAX 2+(ワイマックスツープラス)」を10月31日から開始する。これにより、下り最大 110Mbps の超高速モバイルブロードバンドが実現する。利用には、対応するデバイスが必要。

下り最大 110Mbps の「WiMAX 2+」が10月31日から、月額3,880円で超高速通信を使い放題
10月31日にスタートする「WiMAX 2+」

対応エリアは、環状7号線(東京都道318号線)内から開始し、2013年度末には東名阪、2014年度末には全国まで拡大するという。また、速度においても2014年には国内最速とする 220Mbps を目指す。

利用料金については、新たなプラン「UQ Flat ツープラス」を導入。割引適用後、月額3,880円(税込)で速度制限なしの「WiMAX」と「WiMAX 2+」をシームレスに利用できる。

WiMAX 2+ は、2013年7月に同社が新規周波数「20Mhz」の割当を受けたことによるもの。現行の WiMAX で使用中の「30Mhz」と合わせて、高速で効率の良い通信を実現するという。