現在、多くのハイテク企業がウェアラブルコンピューティングに注目している。米国 Intel もその例外ではない。同社の投資部門である Intel Capital は、Google Glass のような製品を開発するウェアラブルコンピューターメーカー Recon Instruments に対して投資をしたと発表した。

Engadget はこの件を次のように伝えた。

「Google Glass が、巨大技術系企業から支援される唯一のウェアラブルコンピュータだと考えているとしたら、それは間違っている。Intel の投資の触手は、極限スポーツ向けのヘッドアップディスプレイ『Recon Jet』を開発する『Recon Instruments』に向けられている」

Intel、ウェアラブルコンピューターメーカー Recon Instruments に投資
Recon Instruments のスポーツ向けヘッドアップディスプレイ「Recon Jet」

All Things D は、Intel の 新デバイスグループ担当 GM である Mike Bell 氏の発言を引用している。

「ウェアラブルコンピューティングは、我々の情報の利用方法や、やりとりの方法を再定義する、大規模で加速しつつある現象だ。Recon 社には、ウェアラブル革命を活用する優れた技術と、確かな戦略がある。Intel Capital はこの分野に注力しており、勃興しつつある新たな分野に対するイノベーションを推進するためのアプローチとして、Recon Instruments に対して投資を実施する」

CNET は、Recon Instruments 社の概要を紹介している。

「Recon Instruments は、Recon Jet などの製品により、スポーツ向けのヘッドアップディスプレイの分野をリードする企業だ。同社は世界で、5万台を超えるヘッドアップディスプレイを出荷している」

Recon Instruments による Reconjet と、そのアプリ
Recon Instruments による Recon Jet と、そのアプリ

SlashGear は、Intel が以前からウェアラブルコンピューティング分野に関心を示していたことを伝えている。

「Intel はウェアラブル分野への新参者というわけではない。同社は以前、Intel チップが搭載されたデバイスが年内に市場に投入される予定だと述べていた。また最近、同社は Nike の Fuelband や Oakley の Airwave の開発者やデザイナーを獲得していた」

Nike Fuelband
Nike Fuelband