パナソニックは、国内通信事業者向けの個人用スマートフォンについて、新製品開発を休止すると発表した。モバイル通信技術などの ICT 経営資源は、デジタル AV 関連の社内カンパニーである AVC ネットワークス(AVC)内の新規・成長分野へ再配置する。

これまで個人/企業用スマートフォンの開発は、AVC 傘下のパナソニック モバイルコミュニケーションズ(PMC)が担当してきた。このうち個人用スマートフォンの開発は休止し、企業用スマートフォン事業は、同じく AVC 傘下のパナソニック システムネットワークスのターミナルシステム BU へ移管する。

なお、PMC では今後、個人向け携帯電話機(フィーチャーフォン)の生産・販売と、既存の個人用スマートフォンの顧客サポートを継続していく。

パナソニックは今回の再編を「現在 AVC が中期計画で取り組んでいる AV と ICT の融合による事業強化の一環」とし、新たな成長を目指すという。