小学館は、同社が発行するファッション誌の電子版の製作/配信に、アドビシステムズの電子出版ソリューション「Adobe Digital Publishing Suite」を採用した。

同サービスは、ホスティングサービスとビューワー技術で構成される電子出版向けのソリューション。製作した記事や広告などのコンテンツに、動画や音声などの機能を追加できるため、新しい閲覧体験を提供できるという。今回採用されたファッション誌は、「CanCam」[AneCan」「Oggi」などの計9誌。

また小学館は同サービスにアクセス解析ツールの Adobe Analytics を組み合わせることで、記事や広告などの閲覧状況なども収集、解析していくという。