株式会社ドスパラは、過酷な PC 労働でも腱鞘炎になりにくい「エルゴノミクスマウス」を9月5日に発売した。ネット通信販売サイト「上海問屋」で限定販売し、価格は3,999円。

腱鞘炎になりにくいエルゴノミクスレーザーマウス
腱鞘炎になりにくいエルゴノミクスレーザーマウス

「エルゴノミクスマウス」とは、人間工学に基づいた形状で、腱鞘炎になりにくいマウス。“手首をひねる”動作が少なくなるようデザインされており、自然な角度で握ることができるので、長時間のマウス使用でも手首に負担がかからないという。

一度使ったらヤミツキの操作感
一度使ったらヤミツキの操作感

同製品は高性能レーザーエンジンを採用し、通常の光学センサーでは識別しにくい素材表面の読み取りが可能。また、底部にある「DPIボタン」で、カーソルスピードを800、1,200、2,100、3,400の4パターンに簡単に切り替えることができる。

高性能レーザーエンジンを採用
高性能レーザーエンジンを採用


サイズは縦10×横7.2×高7.0cmで、重さは約140g。