Mozilla Japan は、“オープンを軸としたモノづくりを学び、実践する場”として同社が2012年に立ち上げた「Mozilla Factory」の一環として、新たに「Mozilla Bus プロジェクト (MozBus プロジェクト)」を始動。衛星ブロードバンド車載局を装備した特別仕様のバスによる、オープンプロジェクトを展開する。

“すべての人に Web を届ける”--「Mozilla Bus プロジェクト」始動
Mozilla Bus

MozBus プロジェクトは、“すべての人に Web を届ける”をテーマに、どんな場所・状況下でもインターネットを利用できるよう、自家発電機や衛星ブロードバンド車載局、PC などの機器を常備した特別仕様のバスを活用。移動型出張ワークショップの開催や、防災インフラと Web の研究など、様々な分野の研究や実験を行っていくという。
 
同プロジェクトには、IPSTAR、シスコシステムズをはじめとする研究機関、企業、NPO が参加を表明。今後はプロジェクトメンバーによる協力のもと、10月より日本各地でワークショップの実施、研究走行、実験、イベントの展示などを行っていく予定。