Windows 8.1 がこの秋発売されれば、これまで Windows 8 への移行を手控えてきたユーザーも、この新 OS の購入を決意するかもしれない。

 
Microsoft が Windows 8.1 の小売価格を公表
米国 Microsoft は、Windows 8.1 の価格がベースバージョンで119.99ドル、Pro バージョンで199.99ドルであると発表した。両バージョンとも、米国では10月17日に発売される。販売方法としては、Windows.com からのダウンロードと、小売店からの DVD パッケージの購入の2種類が提供される。

現在 Windows 8 を利用している顧客は、無償でダウンロードし、アップデート可能だ。

旧バージョンの Windows がインストールされた PC に割引価格で最新の Windows を販売する「アップグレード版」の提供は廃止された。小売版の Windows 8.1 はすべてが完全版のソフトウェアとして提供される。Microsoft の Brandon LeBlanc 氏は9月17日、公式 Blog への投稿で、Windows 8.1 は「インストール時に、以前のバージョンの Windows を要求しない」と説明している。

今回の変更は、「顧客からのフィードバックに応え、利用者による特定の技術的事情に対して、より高い柔軟性を与える」ためのものだと LeBlanc 氏は説明する。特定の状況とは、PC を自作する場合、Windows 8.1 を仮想マシン環境で稼働させる場合、HDD 内の別パーティションから起動させる場合だという。

Windows 7 から Windows 8.1 へのアップグレードを望む顧客は、アプリやデータのバックアップをする必要がある。アップグレードした場合、ファイルは維持されるが、Microsoft Office を含むアプリケーションは、再インストールが要求されるためだ。

Windows XP および Vista 時代のハードウェアからの移行は不可能ではない。だが、LeBlanc 氏は、「Windows XP または Windows Vista からのアップグレードを望む顧客は、ダウンロード版ではなく小売版の DVD を購入する必要がある。DVD からブートし、Windows 8.1 をクリーンインストールしなければならない」と説明している。この場合、ファイルや設定などもすべて削除されるため、インストール前にはバックアップ作業が必須となる。