ミクシィマーケティングは、スマートフォン用アプリケーション向けの広告配信プラットフォーム「coudec(コーデック)」を運営開始した。ミクシィのSNS「mixi」用クライアント アプリケーションや、ユナイテッドのホーム画面着せ替えアプリケーション「CocoPPa(ココッパ)」などでの導入が決まっており、対応アプリケーションの合計ダウンロード数は3,000万回を超えている。

ミクシィ子会社、スマホ用アプリ向け広告配信プラットフォーム「coudec」を提供開始
coudec の Web サイト

coudec は、広告やクーポンなどをスマートフォン用アプリケーションに「最適なタイミングで表示」できるプラットフォームだという。具体的には、ユーザーがゲームのステージをクリアしたり、ユーザーに対するコメントが投稿されたりといったタイミングで広告などを表示する。クーポンなどメリットのある広告をタイミングよく表示できるため、広告効果を高めると同時に、アプリケーションの利用継続率やアクティブ率も高められるとしている。

また、広告掲載費は成果課金タイプであり、広告主はリスクなくユーザー獲得効果を最大化できるという。一方、アプリケーション開発者は導入中のアドネットワークを継続しつつ coudec による広告表示が行えるため、広告収入を増やせる可能性がある。

coudec の 動作概念図
coudec の 動作概念図