米国 Adobe Systems は、Web 制作とモバイルデザインのワークフローを合理化し、Photoshop の作業手順を大幅に改善する技術「Adobe Generator」を発表した。

Generator は、Photoshop をデザインプロセスの中心にした、「Adobe Photoshop CC」「Adobe Creative Cloud」、およびサードパーティ製アプリケーションの相互運用性を高めるプラットフォーム。Generator により画像アセットをリアルタイムに作成できる。抽出/トリミング/サイズ変更/書き出し作業などを省き、Web や画面デザインを合理化する機能も Photoshop CC に新搭載される。

この Generator 機能は、発表の同日から Creative Cloud メンバーへの提供が開始された。

Adobe Edge Reflow CC と Photoshop CC との連携も強化され、Photoshop で作成された画像アセットをワンクリックで直接 Edge Reflow に読み込めるようになった。Edge Reflow は、あらゆる画面サイズに対応するレスポンシブルな Web デザインツール。

アドビが Photoshop に Generator 新機能、OSS プロジェクトもリリース
「Adobe Photoshop CC」ページ

Adobe Generator には、デザインがデスクトップ/モバイルの両画面に正しく表示されることを保証するリアルタイム画像アセット作成機能、Photoshop CC でタグ付けしたレイヤー/グループを自動的にリアルタイムで指定したファイルフォーマットの個別ファイルに保存/更新する機能、Retina ディスプレイ向けサイズ設定やさまざまなレベルの圧縮度などのオプションと共に、レイヤーを JPEG/GIF/PNG に書き出す機能、などがある。

また、Adobe は、サードパーティ製アプリケーション開発を加速するため、Generator とリアルタイム画像アセット作成機能を、OSS プロジェクトとしてリリースした。詳細はこちら