オリジナルグッズの販売サイト「ClubT」は、車体にオリジナルデザインをプリントできるサービス「デコレーションカー」を9月10日に開始した。

ClubT が「車体プリントサービス」開始、データ入稿で自分好みのデザインに
サイト上にユニークなデザインが掲載されている

オリジナルデザインを Illustrator 形式のファイルで入稿するか、ClubT サイト上に掲載されたデザインの中から選んで車をカスタマイズできる。ClubT サイト上には、2020年東京五輪をモチーフにしたデザイン、ヒョウ柄や花柄など計33点が掲載されている(2013年9月10日時点)。

プリント可能範囲はルーフ、ボンネット、フロントドア、バックドア。プリント方法はインクジェットダイレクトプリントで、180CV3 コントロールタックフィルムを使用する。車種ごと価格は、セダンが15万7,500円、ハッチバックが13万200円、ワゴンが20万5,800円。

なお施工の際には、各都道府県の提携工場に車を持ち込む必要があるとのこと。