NTT 東日本は、大規模災害時などに、企業、自治体、病院、教育機関などの社員や職員の安否確認及び緊急連絡を行うことができる「Biz ひかりクラウド 安否確認サービス」を10月4日に提供開始する。

NTT 東日本、大規模災害に備えた「Biz ひかりクラウド 安否確認サービス」を提供開始
Biz ひかりクラウド 安否確認サービス

同サービスは気象庁からの地震情報と連動し、安否登録指示メールを自動通知するため、管理者が手動で安否登録指示をすることなく、社員や職員などの安否状況を確認することができる。手動通知を用いると、地震以外の非常事態時の安否確認や社内情報ツールとしても利用することが可能。

同サービスは、東日本大震災発生時の大量アクセスなどにも安定稼動した実績のあるアプリケーションを採用。また、震度6強の地震に耐えうる NTT 東日本データセンターに設置されたBiz ひかりクラウド基盤から提供するため、災害時も安心して利用することができるという。