静岡県浜松市に本社を構えるヤマハは、ワークスタイル変革の一環として、日本マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」を活用したグローバル情報基盤を導入する。

この情報基盤システムは、NEC が、導入とグローバルでの24時間365日多言語サポートなどを実施するもの。12月から稼働を開始する予定で、ヤマハのグローバル31か国約1万2,000人の社員が利用する、大規模 Office 365 活用事例となる。

ヤマハでは、Lotus Notes を用いたこれまでの情報基盤を刷新する必要があった。情報基盤の選定にあたっては複数のソリューションを検討した。その結果、企業利用における運用のし易さ、中国からの利用に実績がある、Office との親和性が高い、などの理由から、Office 365 が選ばれたそうだ。

システムの展開にあたり、ヤマハでは、遠隔会議には自社製品の会議用マイクスピーカー「PJP シリーズ」を使う。