ブイキューブは、セールスフォース・ドットコムの提供するクラウドサービス『Salesforce』と連携し、カスタマーサポートや営業活動の中で活用できるサービス「V-CUBE セールス&サポート for Salesforce」を、8月23日に提供開始した。

“同じ情報が見えない”ストレスを解消 -- Salesforce 連携「V-CUBE セールス&サポート」提供開始
「V-CUBE セールス&サポート for Salesforce」利用イメージ

同サービスでは、Salesforce 上の顧客管理画面から、顧客との通話に加え、資料や PC 画面を共有しながらの提案活動・カスタマーサポートを行える。専用アプリケーションなどをインストールせずに利用可能。なお顧客側は、PC とインターネット接続環境があれば、インストール等の事前準備なくサービスを利用できる。

料金プランは活用スタイル別の3つで、初期費用はいずれも3万円、基本料金は2,500〜5,000円/ユーザー/1か月、ストレージ容量の追加はいずれも1万円/GB/1か月。現在同社 Web サイトで、“14日間の無料体験”への申込みを受け付けている。

同サービスについて、セールスフォース・ドットコム 専務執行役員 アライアンス&サービス統括本部長の保科実氏は、「営業、顧客サポートにおいて、当社が提唱するカスタマーカンパニーを支援するサービスであると考えています。企業は、このサービスによって、顧客やパートナーとの結びつきを強め、信頼関係を強めてくれるものと確信しています」とコメントしている。