エン・ジャパンは、「海外での勤務」についてアンケート調査を実施し、その結果を発表した。それによると、転職希望者の海外で働きたい地域第1位は「東南アジア」であることや、海外勤務の意向をもつ人が増加していることなどが明らかとなった。

同調査は、同社が運営する「[en]転職コンサルタント」の利用者3,304名を対象に実施。調査期間は2013年7月1日〜7月31日、調査方法はインターネットによる。

まず、海外勤務の可能性がある企業を転職先として選ぶか尋ねたところ、「積極的に選ぶ」と回答した人は26%だった。2010年に実施した同調査と比べて7ポイント多く、海外勤務の意向をもつ人が増加していることがわかる。

転職希望者の海外で働きたい地域、第1位は東南アジア--エン・ジャパン調査
海外勤務の可能性がある企業を、転職先として選びますか?
(出典:エン・ジャパン)

海外勤務を「積極的に選ぶ」と回答した人に、働きたい国・地域を聞いたところ、第1位は「東南アジア」、第2位は「北米・カナダ」、第3位は「ヨーロッパ」だった。 2010年調査時に第1位であった「中国・東アジア」は、第4位へと後退した。昨今は、インドネシアやタイ、ベトナムなどの東南アジア地域に進出する企業 が増えており、転職希望者も次代の成長国を選んでいることがうかがえる。

転職して、どこの国・地域で働きたいですか?※2010年比 (出典:エン・ジャパン)
転職して、どこの国・地域で働きたいですか?※2010年比
(出典:エン・ジャパン)

年代別に見ると、20代では「ヨーロッパ」を選んだ人が最も多かったのに対し、30代以上では「東南アジア」が最多となった。

転職して、どこの国・地域で働きたいですか?※年代別 (出典:エン・ジャパン)
転職して、どこの国・地域で働きたいですか?※年代別
(出典:エン・ジャパン)

また、海外勤務を「積極的に選ぶ」理由については、全体では「自分の成長のプラスになるから」という回答が最多となった。

海外勤務を「積極的に選ぶ」理由は何ですか? ※2010年比 (出典:エン・ジャパン)
海外勤務を「積極的に選ぶ」理由は何ですか? ※2010年比
(出典:エン・ジャパン)

さらに年代別でみると、20代〜40代は「自分の成長にプラスになるから」という回答が最も多かったのに対し、50代以上では「海外の方が、自分の経験を活かせるから」が最多となっており、年代によって、海外勤務に期待するものが異なることがわかる。

海外勤務を「積極的に選ぶ」理由は何ですか? ※年代別 (出典:エン・ジャパン)
海外勤務を「積極的に選ぶ」理由は何ですか? ※年代別
(出典:エン・ジャパン)

海外勤務の辞令が出た場合について、2010年の調査結果と比較すると、「赴任先に関わらず、喜んで受け入れる」と回答した人は、3ポイント増加の25%となった。また、「赴任先によっては、喜んで受け入れる」と回答した人も、9ポイント増加の46%となっており、海外勤務に対する抵抗感が薄れていることがうかがえる。

在職している会社から、海外勤務の辞令を受けた場合はどうしますか?※2010年比 (出典:エン・ジャパン)
在職している会社から、海外勤務の辞令を受けた場合はどうしますか?※2010年比
(出典:エン・ジャパン)