ドスパラは、デジタルスケール付き USB 接続光学式マウス「DN-42135」を発売した。マウスと“はかり”の1台2役の同製品は、急に重さを量りたくなったときに活躍するという。直販サイト「上海問屋」にて、2,499円(税込)で販売中。

「こんなこともあろうかと」、いつでも重さが量れるデジタルスケール付き光学式マウス
デジタルスケール付き USB 接続光学式マウス

見た目はシンプルで普通の光学式マウスと変わらない。だが、同製品のフタを開けるとデジタルスケール(はかり)が内蔵されている。物を載せてから重さを0にセットできる風袋機能も搭載する本格派のスケールとなっている。計量単位は g(グラム) のほか、oz(オンス)/gn(グレーン)/ct(カラット)。スケールは 0.1g 単位で最大 500g までの計量が可能。スケールの電源は単4乾電池2本。

マウスのフタをとると、デジタルスケールが出現
マウスのフタをとるとデジタルスケールが出現

製品サイズは、マウス時が縦120×横65×高さ 30mm。スケール時が縦60×横60×高さ 20mm。重さは 130g。