ユナイテッドは、スマートフォン着せ替えアプリケーション「CocoPPa」の世界的なヒットを受け、同アプリケーション事業を運営する子会社を米国に設立する。米国における更なるユーザー数の増加、今秋開始の課金コンテンツによる収益拡大を目指す。

スマホ着せ替えアプリ「CocoPPa」のユナイテッドが米国子会社設立、利用者の多い米国を重視
課金サービスの拡充に向けて、コンテンツパートナーを募集している

CocoPPa は、好みのアイコンや壁紙で iPhone や Android スマートフォンのホーム画面を自由にカスタマイズできるアプリケーション/サービス。ユーザーが着せ替え素材をダウンロードするだけでなく、自分のイラストを各種素材として投稿したり、ユーザー間でコミュニケーションしたりすることも可能。

CocoPPa 1,200万ダウンロードまでのダウンロード数推移
CocoPPa 1,200万ダウンロードまでのダウンロード数推移

日本国内のユーザーが投稿した「Kawaii(かわいい)」素材が、海外における人気の理由のようだ。CocoPPa の累計ダウンロード数1,200万のうち、42%を米国が占めているという。