エプソンドイツは、5月下旬から6月上旬に開催されたフォトフェスティバル「Horizonte Festival」のプレミアムパートナーとして、写真の出力に協力した。

エプソンが独の写真フェスで出力に協力、厳しい気候をクリアし耐久性実証
環境意識を高めることを目的としたフォトフェスティバル

このフェスティバルは、写真を通して人々の環境意識を高めることが目的。エプソンは大判インクジェットプリンター「SuperColor SC-S シリーズ」で、合計印刷面積1,400平米、25点の作品群の出力を行った。

この製品は、高画質印刷だけでなく、直射日光や風雨による変色/劣化に強い耐候性が特徴。海辺の砂浜に展示された作品も、強い日差しや雨、潮風、波しぶきなどに耐えたという。

海辺の写真
海辺の写真

展示作品には、オーストラリアの写真家/映像作家のクラウス ライジンガー氏の野外展示作品「等身大の象」も含まれている。

等身大の象の写真
等身大の象の写真