JR 東日本は、Suica に関するデータの社外への提供についてのよくある問い合わせについて、回答の内容を公式に発表した。

発表によると、JR 東日本は、各駅の特性に合わせたマーケティング情報により、サービス品質の向上と地域や駅、沿線の活性化を目的に、Suica のデータを社外に提供しているという。データを統計的に分析し、駅の利用状況の分析データをさまざまな分類でまとめたレポートを作成している。

社外に提供されるデータは、乗降駅/利用日時/鉄道利用額/生年月(日は除く)/性別/Suica ID の認識番号。氏名や連絡先などの個人情報は含まれていないとのこと。

対象は JR 東日本が発行するすべての Suica(モバイル Suica を含む)だが、希望すれば当該データを除去するという。

データの提供には、プライバシーに配慮した契約を締結するため、個人への提供は行っていない。また、提供先へは特定の Suica のデータを長期間追跡できないようにしたり、ほかのデータと紐づけて邪推したりしないようにしているという。