ウェザーニューズは、スマートフォン向けアプリケーション「ウェザーニュースタッチ」(iOS 版、Android 版)で、「ゲリラ豪雨」の発生を事前に通知する「スマートアラーム(ゲリラ豪雨モード)」を開始した。ゲリラ豪雨の発生を、90%以上の確率で平均56分前まで(昨年実績)に、プッシュ通知で知らせる。月額315円の有料会員向け。

ウェザーニュースタッチ、ゲリラ豪雨を事前に知らせるアラーム機能を開始
ゲリラ豪雨通知

発生の予測は、10万人規模の「ゲリラ豪雨防衛隊」とゲリラ豪雨捕捉用観測レーダー「WITH レーダー」、全国3,000か所設置の観測システム「ソラテナ」からの情報を元に行う。ゲリラ豪雨防衛隊とは、携帯電話向けサイト「ウェザーニュース」とスマートフォン向けアプリケーション「ウェザーニュースタッチ」のコミュニティ。「入隊」した「隊員」は、事前に登録した地点を重点的に「感測」する。

プッシュ通知画面(左)と3つまで地点登録できる通知設定画面
プッシュ通知画面(左)と3つまで地点登録できる通知設定画面

また、スマートフォン向けアプリケーション「ウェザーニュースタッチ」と Web サイト「ウェザーニュース」内の「ゲリラ豪雨 Ch.」(無料)では、リアルタイムにゲリラ豪雨の情報を公開している。データを元に、32km 四方の区画ごとにマッピング表示する。同 Ch. では、「雨雲レーダー」や「10分天気報告」のデータも確認できる。

「ゲリラ豪雨 Ch.」のマップ
「ゲリラ豪雨 Ch.」のマップ