米国 Duracell Powermat は、シリコンバレーのスターバックス数店舗に、ワイヤレス充電マット「Duracell Powermat」(デュラセルパワーマット)を設置すると発表した。テーブルに装備されたパワーマットを使って、顧客はスマートフォンなどを充電できるようになる。

シリコンバレーのスターバックスでワイヤレス充電が可能に、デュラセルパワーマットで
ワイヤレス充電のイメージ

このワイヤレス充電マットは、パワーマスターズアライアンス(PMA)基準に基づいている。PMA 加盟のスマートフォンメーカーは BlackBerry、HTC、Samsung、ZTE など。米国の通信事業者 AT&T は、来年には同社が提供する多くの機種が PMA 認定になるとしている。

Duracell Powermat は Duracell と Powermat Technologies の合弁会社。Powermat Technologies の CEO、Ran Poliakine 氏は「ワイヤレス充電技術は主流になりつつある。日常的に訪れる先で、現在 Wi-Fi が完備されているのと同様に、充電もできるようになることを人々は期待している」とコメントしている。

なお、このパワーマットの提供は、ボストンのスターバックス数店舗で、ワイヤレス充電技術の試運転が成功したことを受けて実施されるもの。