シャープは、同社が1999年8月から2006年12月にかけて製造した全自動洗濯機の一部製品に発煙/発火の恐れがあるとして、対象製品の訪問点検と修理を無償で行う。対象となる製品は42機種、合計72万9,116台。具体的な機種名は、当記事末尾を参照されたい。

訪問点検を受けるには、以下で申し込む必要がある。電話の場合、通話料は無料。

【電話窓口】
・電話番号:0120-404-660
・受付時間:9時〜18時(月〜土)、9時〜17時(日祝)。ただし、8月1日までは9時から20時

【Web 窓口】
・URL:http://www.sharp.co.jp/support/announce/es_info_130729.html

問題の原因は、クラッチソレノイドに接続されているリード線の断線。リード線は保護チューブに入れられ水槽下部に結束バンドで固定されているが、この保護チューブが結束バンドと擦れて破損することでリード線の被覆が破れ、断線する場合がある。そして、断線部の放電で発火に至る。これまでに、洗濯機自体と防水パンや床、壁の焼けた事故が3件発生している。

機種名は、操作部の左右のいずれかに記載されている。機種名の後ろのカッコ内は、ボディ カラーのコード。

シャープの洗濯機に発火の恐れ、約73万台を無償で点検/修理
機種名の確認方法

 

・ES-70EE(-C)
・ES-72EM(-C)
・ES-73EM(-V)
・ES-74EM(-V)
・ES-75N(-G)
・ES-80EE(-C)
・ES-82EM(-C)
・ES-83EM(-V)
・ES-84EM(-V)
・ES-A70E(-C/-H)
・ES-A80E(-C/-H)
・ES-AG70D(-V/-W)
・ES-AG80D(-V/-W)
・ES-B75D(-C/-P)
・ES-C75D(-P/-V)
・ES-CL75D(-A)
・ES-CY75D(-Y)
・ES-D75D(-V/-W)
・ES-D75E2(-A)
・ES-D85E2(-A)
・ES-DD8E(-C)
・ES-FG74V(-S)
・ES-FG84V(-S)
・ES-G70V6(-W)
・ES-G80V6(-W)
・ES-KG73V(-A/-N)
・ES-KG83V(-A/-N)
・ES-LC70B(-C/-H)
・ES-LC80B(-C/-H)
・ES-M7K(-C)
・ES-N75D(-G)
・ES-N7K(-C)
・ES-T730V(-S)
・ES-T830V(-S)
・ES-TG74V(-G/-N/-S)
・ES-TG84V(-G/-S)
・ES-U70C(-P/-V)
・ES-U70D(-V/-W)
・ES-U80C(-P/-V)
・ES-U80D(-V/-W)
・ES-V73V6(-A)
・ES-V83V6(-A)