Google は、今夏に実施するプログラムを発表した。大きなアイデアを形にするには、さまざまな経験、考え方、文化を持つ人が目的を共有し、やりがいを感じながら仕事を楽しむことが大切だと考え、対象別に3回実施する。

Google、今夏のキャリアサポートプログラムを発表
Returnship プログラム

「Accessible Career Experience」は、障がい者に活躍してほしいという思いから生まれたプログラム。4年制大学学士過程1〜3年生在籍者を対象に8月19日から週30時間、5週間にわたって実施する。参加者はチームで課題に対して情報収集、企画立案、プレゼンテーションを行いながら、就業体験ができる。応募にはエッセイの提出が必要で、締切は7月31日。

「Business Bootcamp」は1日のみのカリキュラム。4年生大学の3年生を対象に、Google のオンライン広告や広告セールスに関するセミナー、広告プロダクトやマーケティング戦略を学べる。参加日程は9月4、6、11日のいずれか。応募にはビデオエッセイが必要で、締切りは8月19日。選考により、各日25人がプログラムに参加できる。

就労経験5年以上で職場やキャリアから1年ほど離れている人を対象にしたプログラムが「Returnship」。開催時期は10月で、参加者と相談しながら20週間前後(週30時間)実施する。参加者は Google 営業担当とチームになり、クライアントのビジネス拡大のサポートをしたり、広告ソリューションを提供したりする。また、Google の社員や他の参加者らと興味や情熱を活かせる仕事やキャリアについて真剣に考えられるという。応募には英文のレジュメが必要で、締切は10月15日。