ソフトバンク BB は、2014年4月に予定されている「Windows XP」および「Microsoft Office 2003」のサービスサポート終了に伴い、法人ユーザー向けに、OS 移行に関する技術的支援相談を行う「ソフトバンク BB XP マイグレーションセンター」を開設した。

ソフトバンク BB、Windows XP サポート終了で OS 移行技術的支援の相談窓口を開設
法人ユーザー向けに、OS 移行に関する技術的支援相談窓口

Windows XP は、現在法人 PC ユーザー全体の約40%が利用しており、Microsoft のサポート終了後はウイルス感染の脅威や不正アクセスのリスクが高まるが、企業が利用している PC の「Windows XP」を一斉に移行するには、大きな労力とコストがかかる。

「ソフトバンク BB XP マイグレーションセンター」では、Windows XP から「Windows 7」「Windows 8」への移行が10台からできるほか、OS 移行を検討する法人企業にはヒアリングによる要件の可視化、必要なソリューションの提案、見積もりを無償で行う。

また、新たなソフトウェア/ハードウェアの導入作業、技術検証と運用トレーニング、コンサルティングサービスを有償で行う。