LINE は、無料メッセージ/通話サービス「LINE」について、各種デバイス(iPhone/Android/Windows Phone/BlackBerry/Nokia Asha)用アプリケーションと携帯電話の合計登録ユーザー数が7月21日に全世界で2億人を超えたと発表した。

「LINE」登録ユーザー数が世界2億人超に、1億人突破からわずか半年で
ユーザー数の推移

LINE は、ユーザー同士であれば国内や海外、通信キャリアなどを問わず、24時間無料で音声通話やメッセージ交換が楽しめるアプリケーション/サービス。2011年6月に提供を開始し、約1年7か月で1億ユーザー、その4か月後に1億5,000万ユーザーをそれぞれ超え、若年層を中心に利用者が増えてきたという。

今までは東アジアでの利用が多かったが、インドやフィリピンなどでユーザーが増えたほか、欧州ではスペイン、南米ではブラジル、メキシコ、コロンビア、アルゼンチン、ペルーなどでユーザーが急拡大しており、1億人突破からわずか半年で2億人超に至った。

また、Android 版アプリケーションのダウンロード数が2013年7月18日に1億回を超えた。1億回超を達成したアプリケーションは Google Play では26個しかなく、しかも Google 連携サービス用アプリケーションを除くと12個にとどまる。

全世界でユーザーが増えていることから、各国の地域性や文化に根付いた公式アカウントやスタンプのローカライズをこれまで以上に推進する計画。これまでの実施例としては、インドネシアで行ったオランウータン保護を目的としたオリジナル スタンプの販売や、イスラム教の慣習「ラマダン」に合わせたスタンプ提供などがある。

オランウータン保護スタンプ
オランウータン保護スタンプ

インドネシアで放送したラマダン向け CM

なお、同社は2億人突破を記念し、有料スタンプを日替わりで無料プレゼントするキャンペーンを開始した。ただし、「世界中からアクセスが集中しているため」一時的にスタンプ提供を中断している。

無料プレゼント対象のスタンプ
無料プレゼント対象のスタンプ