カカオジャパンは、音声認識技術を活用したスマートフォン向けスタンプラリーアプリケーション「Stac(スタック)」において、スタンプラリー特典としてドリンクを配布する「渋谷でもらおう!マウントレーニアプレゼントキャンペーン」を7月20日より実施する。

カカオジャパン、音を集める O2O スタンプラリー「渋谷でもらおう!マウントレーニアプレゼントキャンペーン」
「渋谷でもらおう!マウントレーニアプレゼントキャンペーン」

Stac は、店舗やイベント会場などで特定の音声や QR コードを認識することで、様々なスタンプラリーに参加できるアプリケーション。集めたスタンプは、キャンペーン内容に応じてプレゼントなどの特典や懸賞への応募に替えられる。

今回のキャンペーンは、東京・渋谷のスクランブル交差点周辺で実施。交差点にある2か所の大型ビジョン(わかさ生活チャンネル/109フォーラムビジョン)で流れる対象 CM の音声を Stac でキャッチすると、自動でスタンプが付与される。スタンプを1つ集めると、Stac より「マウントレーニアコーヒー」の引換券を発行。その後、渋谷「マウントレーニアホール」で引換券を提示した1日先着100名に、同製品をプレゼントするという。

キャンペーン期間は7月20日から7月31日まで。また、対象映像の「マウントレーニア×Stac」CM は、期間中9時から24時まで10分に1回程度放映される予定。

なお、同キャンペーンは、大型ビジョンを運営するパス・コミュニケーションズと毎日広告社、「マウントレーニア」シリーズを販売する森永乳業とのコラボレーション企画となる。