日経リサーチは、企業ブランドを多角的に評価した「ブランド X(テン)−ブランド戦略サーベイ10年分析」の結果を発表した。同社は、2003年に始まった企業ブランド調査「ブランド戦略サーベイ」で、2012年までの10年間に渡ってブランド力を測定した主要277社のデータを分析、10年間全体を評価した企業ランキングを作成した。その結果、総合1位にはグーグルが選ばれた。

同社は今回の分析に当たり、各社のブランド力を表す測定スコアの平均値に加えて、上昇幅や上昇回数というスコアの「勢い」も加味した独自の新指標「企業ブランド・ディケード(BD)指数(Brand decade index)」を開発。その総合スコア(BD 指数)を元に、「力」と「勢い」を兼ね備えた企業ブランドのランキングを算出した。

BD 指数による企業ブランドランキングは次の通り。

1. グーグル(Google)
2. アマゾン    
3. 日本マイクロソフト
4. ヤマト運輸     
5. アップルジャパン(Apple)
6. パナソニック      
7. ユニクロ     
8. カゴメ      
9. トヨタ自動車   
10. 味の素     
11. 森永製菓     
12. TOTO     
13. キユーピー    
14. キッコーマン   
15. 日清食品     
16. ヤフー(YAHOO!)
17. 永谷園     
18. 日本コカ・コーラ
19. ソニー     
19. シヤチハタ   

10年前よりブランド力が上昇した企業は36社で、全体の1割強に上った。同社は、ランキング上位の企業は「製品・サービスの企画開発力が強い」イメージがある一方、日本企業はこの項目が低下していると分析。ブランド力の維持・向上には「製品・サービス」の強化がカギとしている。

分析結果の詳細は、日経リサーチの Web サイトを参照のこと。