ヤマダ電機と米国3D Systems 販売代理店のイグアスは、3D プリンタ販売事業での業務提携を締結した。今後ヤマダ電機では、スリーディー・システムズ・ジャパンに技術面などの協力を得て、8月上旬より3D プリンタを店舗で販売するとともに、法人向けにも提案していくという。
 
ヤマダ電機が3D プリンタを販売開始--3D Systems 販売代理店のイグアスと業務提携
3D Systems 製3D プリンタ「Cube」
 
取扱製品は、3D Systems 製個人向け3D プリンタ「Cube/CubeX」シリーズと、法人企業向けの「ProJet」シリーズ。個人向けプリンタは、「LABI1 日本総本店 池袋」での販売開始を皮切りに、順次全国で展開する予定。さらに、店舗での造形サービスや、店頭で3D プリンタを体感できるようなイベントも計画しているとのこと。
 
「LABI1 日本総本店 池袋」(出典:ヤマダ電機公式サイト)
「LABI1 日本総本店 池袋」(出典:ヤマダ電機公式サイト)
 
また、法人企業向け製品については、ヤマダ電機 法人事業部が既存顧客である一般企業や医療、学校などに提案するほか、新規顧客開拓のための商材として活用。今後は3社の協業により、国内の3D プリンタ市場の拡大を図っていくとしている。