海外ブランド輸入販売のフォースメディアは、J-Force ブランドで、高音質のオーディオコーデック(AAC/apt-X)に対応した Bluetooth 対応ワイヤレス FM トランスミッター「JF-BTFMAXK」の販売を開始する。

JF-BTFMAXK は、ユーザーからの評価が高い既存の Bluetooth 対応ワイヤレス FM トランスミッター「JF-BTFM2K」を AAC/apt-X に対応させたもの。価格はオープンだが、実売税込想定価格は5,980円。7月下旬から、大手量販店、カー用品店、ネット販売店などで販売を開始する。

価格.com 金賞受賞の FM トランスミッターが AAC/apt-X に対応
「JF-BTFMAXK」

2012年4月に販売を開始した JF-BTFM2K は、Amazon のカスタマーレビュー、価格.com のユーザーレビューとも4以上の高い評価を得ており、Amazon トランスミッターのベストセラー1位、価格.com 車載用 FM トランスミッター売れ筋/注目/満足度ランキングすべて1位となり、「価格.com プロダクトアワード 2012」で金賞を受賞している。

新製品の JF-BTFMAXK は、Bluetooth 半導体大手で apt-X 技術ライセンスを持つ CSR 社製 Bluetooth4.0 対応チップ CSR8645 を搭載し、AAC/apt-X コーデックに対応、従来の SBC より高音質で遅延の少ない伝送ができる。

また、従来製品と同様、スマートフォンやデジタルオーディオプレーヤーと FM トランスミッターとの間がワイヤレスで接続され、運転席、助手席はもちろん、後部座席でも手元のスマートフォンなどで曲を選択、再生、停止できる。

1アンペアの電流供給が可能な充電専用 USB ポートも搭載、USB ケーブルを使用してスマートフォンなどを充電できる。