イスラエルの Ginger Software は、同社が運営する英文チェックサービス「Ginger」の利用者を対象に日本人が間違えやすい英文法を調査し、そのトップ5を発表した。その結果、「a」と「the」のミスが圧倒的に多いことがわかった。

同調査は、「Ginger」の日本人ユーザー7万人の利用データを分析したもの。

1位は、定冠詞「the」の書き忘れ(20.2%)。2位は、「earth」と「Earth」など普通名詞と固有名詞の使い分けの間違い(19.2%)。3位は、不定冠詞「a、an」の書き忘れ(11.0%)。4位は「everyday」や「every day」など複合語の間違い(10.3%)。5位は、「from」「into」「with」など前置詞の選択間違い(8.1%)であった。

自然言語処理および統計分析の専門家である創業 CEO ヤエル カロブ氏は、日本語は英語と違い、不定冠詞や、大文字と小文字の区別がないことがこの結果を招いたと分析している。