中国のスマートフォンメーカーである HUAWEI(ファーウェイ:華為技術)の日本法人、華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は、10月に同社の研究開発拠点である日本研究所を横浜市に拡張移転する。

横浜市には HUAWEI の既存サプライヤーのほか、ICT 企業が数多く集積し、国内各地のパートナー企業との交流にも便利な立地。現在東京都内にある2拠点を横浜市に統合・拡張、ファーウェイ・ジャパンは R&D 活動をさらに強化、日本の顧客ニーズに迅速に対応するとともに、グローバル市場に向けた新製品・新技術の開発にも注力する。

HUAWEI は現在、世界各地に16か所の R&D 拠点を設置しているが、日本での R&D は2010年10月に通信端末領域でスタート、その後2011年9月には通信ネットワーク領域を加え、日本研究所として正式に発足した。

ファーウェイ・ジャパンは2013 年末までに、日本研究所を現在の40人から80〜100人体制とする予定。

HUAWEI 全体の日本企業からの部品・モジュール等の調達額は、2012年度には9億ドル(約775.8億円:1ドル86.2 円換算)に達しており、今後数年で倍増を見込んでいる。

ファーウェイ・ジャパン、研究開発拠点を横浜市に統合拡張
日本研究所の入居予定ビル