携帯電話向け音楽配信サービスのレコチョクは、凸版印刷と富士通エフ・アイ・ピー(富士通 FIP)の「ギフトカード ASP サービス」を採用した「レコチョクプリペイドカード」の販売をセブン-イレブンで開始した。

「レコチョクプリペイドカード」は、音楽ダウンロードストア「レコチョク」で楽曲を購入する際に使うことができるプリペイドカード。クレジットカードを持っていないユーザーも決済手段として利用できる。

無料メンバーサービス「クラブレコチョク」に登録し、My ページでプリペイドカード残高を追加すると、利用できるようになる。

「レコチョクプリペイドカード」には1,500円と3,000円の2種類があり、有効期限は購入後1年。

レコチョク、「ギフトカード ASP サービス」によるプリペイドカードをセブン-イレブンで販売
「レコチョクプリペイドカード」

「レコチョクプリペイドカード」に採用された「ギフトカードASP サービス」は、凸版印刷と富士通 FIP が共同で開始した、ギフトカードの残高管理を行うリアルタイムプロセッシングサービス。ギフトカード事業導入に関するビジネスサポートから、ギフトカードの製造・発行、プロモーションサポートまで、ワンストップでサービスしている。富士通 FIP のデータセンターで運用されており、すでに90社以上の企業が導入している。