ソフトバンクモバイルは、Bluetooth 対応の活動量計測デバイス「Fitbit Flex」と iPhone/Android スマートフォンを組み合わせて健康管理が行えるクラウド サービス「SoftBank HealthCare」を7月18日より提供する。まず iPhone 4S/iPhone 5(対応 OS は iOS 6.0以降)向けにサービスを提供し、8月下旬以降より AQUOS PHONE Xx 206SH でも利用可能とする。税込み料金は月額525円。

ソフトバンク、「Fitbit Flex」とスマホを使う健康管理サービス「SoftBank HealthCare」、7月18日開始
SoftBank HealthCare で使うデバイスやアプリ画面

SoftBank HealthCare の利用者は、提供される専用デバイスの Fitbit Flex を腕に付けて生活し、歩数、歩行距離、消費カロリー、睡眠時間という4種類のデータを日々計測する。こうしたデータは、Fitbit Flex から Bluetooth 経由でスマートフォンに転送され、最終的にクラウド上に蓄積/記録される。ユーザーは、専用アプリケーションを使ってスマートフォンからデータにアクセスする。

Fitbit Flex
Fitbit Flex

蓄積した活動量の推移をアプリケーションで確認できるほか、看護師/栄養士/医師などの専門家による健康相談が受けられる。眠りの状態(時間/サイクル)を測定する機能、ユーザーの顔写真とデータにもとづいて将来の顔や体重を予測する機能も利用できる。

今後、目標達成状況を Facebook や Twitter に投稿する SNS 連携機能などを追加していく予定。さらに、対応端末も拡充する。