米国 Microsoft はワールドワイド・パートナー会議で7月11日、「CityNext」を発表した。

CityNext は、都市、企業、市民に、それぞれの将来像を考え直し、活気に満ちた共同体を育てる力を与える世界的な計画。「Microsoft Partner Network」を都市に提供し、同社のソフトウェア、機器、サービスを使い、都市とその住民が次に来るものを達成できるようにする集団的な努力である、という。

Microsoft Worldwide PublicSector の Laura Ipsen コーポレート副社長は、以下のように語っている。

「都市はわれわれの生活で非常に重要な役割を果たしている――現在も、そして将来も。Microsoft の CityNext 計画は、人々を第一に考え、この新しい時代の協力技術を利用して市民、企業、政府の指導者を新たなやり方で関与させる。広範な Microsoft Partner Network と協力すれば、『より少ない力で新たなこと』ができるようにソリューションとサービスを拡大し、世界市場における都市の競争力を高め、市民の関与を推進し、経済的、社会的、環境面の持続可能性を推し進めることができる」

CityNext の顧客であるスペインのバルセロナでは、CityNext のパートナーである BISmart がバルセロナ市議会と協力し、一般の人がデータにアクセスできるようにする計画「OpenData BCN」を開始している。

Windows Azure クラウドを使った OpenData BCN プラットフォームは、バルセロナに関する人口密度や失業者総数などの事実を中央ハブに集め、市民が Windows Store から bigov Better City Indicators アプリケーションをダウンロードして、動向をリアルタイムでモニターすることができるようになっている。

マイクロソフトがパートナー会議で全世界的な CityNext 計画を発表
「CityNext」トップページ