アルプス システム インテグレーション(ALSI:アルシー)は夏休み期間中、家庭向け Web フィルタリングソフト「InterSafe Personal」(インターセーフ パーソナル)を、希望者に無償提供する。子どもたちが夏休み期間に、インターネットの有害情報によるトラブルに巻き込まれることを防止するための取り組み。同社は Web フィルタリングソフトの無償提供を、2004年から毎年行っている。

同社によると、近年はオンラインゲームや SNS など、子どもが楽しめるインターネットサービスが増える一方、詐欺や不正ソフトなど、違法性や危険性があるサイトが1日3〜4万件というペースで増加。自由研究の調査やレジャー情報の検索など、子どもが自宅の PC でインターネットを利用する機会が増える夏休み期間は、保護者も注意が必要だという。

さらに、今夏の参院選から解禁されたネット選挙では、未成年者による選挙運動が法律により禁止されている。特定の候補者を当選させるために、選挙運動メッセージを掲示板やブログに書き込んだり、選挙運動の様子を動画共有サイトに投稿したりすると、法律違反として罰せられる恐れがあるという。

同社はこのような背景から、今年も夏休み期間限定の無償提供を決定。ネット選挙の禁止事項には、掲示板や SNS などへの書き込み規制、動画共有サイトへのアップロード禁止により対応できるという。

同サービスの受付期間は7月10日〜9月1日までで、以下の URL から申込ができる。

■ Intersafe Personal ダウンロードサイト
http://intersafe.jp/personal/